【IBD クローン病】「がんが自然に治る生き方」:治療法は自分で決める - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】「がんが自然に治る生き方」:治療法は自分で決める

あなたの病気を治すのは「あなた」です



私のクローン病のバイブルとなった「がんが自然に治る生き方」ですが、

第一章「がんが自然に治る生き方」:抜本的に食事を変えるに続き、

第二章の内容を個人的な視点でまとめてみました。

興味があったら読んでみてください。


Sponsored Links


変化はときに時間がかかり、精神的な負担も伴う



まず、第二章の焦点は「治療法は自分で決める」ことです。

ターナー博士は言います。
医師などの専門家の知識に、患者はかないません。でも治療を受けるのは、患者なのです。医師がどんな治療を施そうとしているのか、患者の側に知識があれば、患者が治療法を選択できるようになります。

私の場合もそうでした。
クローン病と診断された当初、担当医の言う通りに
検査・治療を次から次へと受けました。

病気の専門家「医者」が言っているのだから、
最善な治療を受けてるに違いない。

私は医者の言ったことに何も疑いを持ちませんでした。
なぜなら、「クローン病」について何も知識がなかったからです。

しかし、今は違います。

レミケードとヒュミラが効かなくなったことをきっかけに、
東洋医学をはじめとする様々な代替療法に出会いました。

書籍、体験談、ブログ、記事、論文など、
クローン病に関する記述をとにかく読み漁りました。

きっと、完治へのヒントはどこかに隠れている。
そう信じながら、少しずつではありますが、
クローン病の症状、原因、治療法に関する知識が増えていきました。

そして、
西洋医学以外の視点から「クローン病」を見つめ直したプロセスが、
今となっては、自分の財産になりました。

具体的には、
漢方」「鍼灸」「瞑想」「断食」「マッサージ」「自律神経」「マクロビオティック
などがあります。

治療法は確かに沢山あります。
その上、患者の体質は人それぞれに違います。
一丸にこの方法で確実に完治できる治療法は存在しません。

完治された方は、自分に合った治療法を見つけたのだと感じます。

だから、試行錯誤しながら、様々な治療法を取り入れ、
自分のオリジナル治療法を編み出すことが重要です。

そして、人の体質は時間と共に変わりますので、
治療法も身体の状態を見ながら、微調整していく必要があります。

治療法について、ターナー博士はこう書いています。
「人からあれがいい、これがいいとさまざまな助言をされて、自分がどうしたいのかわからなくなっているというケースです。抗がん剤治療を受ける前には、腫瘍内科医は「体重を増やしておいてほしいから、アイスクリームや肉でも食べておいて」というかもしれません。逆に栄養士は「体内で炎症反応が起きないよう、肉や乳製品は控えて下さい」と言うかもしれない。鍼灸師が「ハーブを取った方がいい」と言えば、医師は「余計なサプリ類は厳禁」と言う。心の持ち方についても、カウンセラーは「これまでの人生をしっかり振り返って下さい」と良い、代替療法の治療家は「過去の記憶にとらわれないで」と言う。がん患者は往々にして、矛盾をきたすアドバイスの数々にさらされてしまうのです。もしあなたの大切な人がこのような状況に陥っていたなら、解決策はただ一つ。自分の意志で選ぶこと。それがすべてです。」

私もこの考え方に同意です。

医師やカウンセラー、栄養士といった人々は、
それぞれの立場から色んなアドバイスをくれますが、
どの治療法を選ぶかは主役である患者が決めるべきです。

どの治療法にも長所と短所がありますので、
それぞれの専門家にしっかりと説明してもらいましょう。

例えば、
「漢方」は副作用は少ないが、効果が現れるまでにかなり時間が掛かります。
「ステロイド剤」は直ちに効果が現れますが、激しい副作用が伴います。

どの治療法が良いかは、その時の体調によって判断しましょう!

クローン病の症状が酷いときは、すぐに炎症を抑えることが必要なので、
西洋医学の治療が適しています。

反対に、クローン病の症状が落ち着いているときは、
東洋医学などの代替療法で身体をゆっくり補っていくことが望ましいです。

第二章にはこんなことも書いてありました。
治療のために何をすべきかは、簡単にわかるものではりません。でも治りたいなら、試行錯誤をして、納得のいく治療法を見つけ出すしかありません。やってみて効果がなければ、また別の物を試せばいいんです。


あなたの病気を治すのは「あなた」自身。

だから、治療法は自分で決めるべきだと思いませんか?



     《↓↓他のクローン病関連ブログはこちら↓↓》
         にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/81-ba247dfd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。