【IBD クローン病】僕のクローン病歴:歴史は繰り返す... - IBD クローン病という友達に出逢った物語

【IBD クローン病】僕のクローン病歴:歴史は繰り返す...

新しい薬「ヒュミラ」も...


sad.jpg

「歴史は繰り返す!」

ヒュミラの治療を始めてから1年が経った頃、
レミケードのときと同様、ヒュミラの効き目も徐々に減っていた。

どうもヒュミラに対する抗体が身体の中に出来てしまったようだ。

便の状態は軟下痢や血便に変わり、
トイレは1日5〜7回までに増え、
CRPはまでにも上がっていた。


体調がいいときはなんともないが、
体調が悪くなった途端、人間は不安や恐怖に襲われる。

しかも、レミケードという前例があるから、僕は余計に心配していた。

このままだと、
薬が効かない→様々な検査→手術(?)の流れになってしまうのでは...

体調がこれ以上悪くなる前に、ほかの治療法をいち早く探すことにした。



Sponsored Links


西洋医学の限界


limit.jpg

担当医とも何度も相談したが、
西洋医学では、レミケードとヒュミラ以外に望ましい治療法はないと言われた。

僕に与えられた選択は以下なものだった
①ヒュミラ+イムラン(ステロイド剤)
②レミケード倍投与
③病院で検査する(検査結果によっては再び手術の可能性も)

正直、どの選択もピンと来なかった。

レミケードとヒュミラの抗体が出来ている以上、①、②の選択肢にはあまり期待できなかった。
もう手術をする気のない僕は、③の選択を選ぶつもりもなかった。

じゃどうすればいい??
今の西洋医学ではこれ以上の治療法はない。


僕は必死に考えた。
そして、僕が出した結論が、

「そうだ!今こそ漢方薬と鍼灸で試すべきだ!」

*漢方薬と鍼灸との出会いについては、また次回に話しましょう。



《↓↓他のクローン病ブログはこちら↓↓》
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ

関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/8-111de96c