【IBD クローン病】コラム:クローン病と腸内フローラ - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】コラム:クローン病と腸内フローラ

完治へのカギは腸にある



最近話題になっている「腸内フローラ」ですが、

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」の腸内フローラ特集を観て、

ここにクローン病の完治へのヒントが隠されていると確信しました!


Sponsored Links


腸内細菌のバランスがポイント!

そもそも「腸内フローラ」って何でしょうか?

番組で教わったことをまとめてみました。

・1000種類以上の細菌が腸に存在する
・腸内細菌(約100兆個)の数は、全身の細胞(約60兆個)より圧倒的に多い
・全身の免疫細胞の60%が腸に集中している




善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌)
→エネルギー吸収をコントロール
→腸の蠕動運動を促す

悪玉菌(大腸菌)
→食物などを腐敗させたり、時にはガンになる

その他の菌(日和見菌)
→善玉菌にも悪玉菌にもなる

腸内フローラ」:腸内のすべての細菌の集まりのこと
(由来:無数の菌がひしめき合う様子が花畑のよう)



「善玉菌は良い、悪玉菌は悪い」ということではなく、
あくまでそのバランスが大切「理想の割合:善玉2:悪玉1:その他7

ひと言にまとめると、「腸の環境(腸内細菌のバランス)は、人の免疫力そのものを左右している

腸の環境が悪い(バランスが取れてない、悪玉菌優勢)の場合、
免疫細胞の働きが低下し、結果としてウィルスやばい菌に対する免疫力が失われ、
様々な症状を引き起こしてしまう。

クローン病の場合、
腸内細菌のバランス悪化免疫細胞が異常をきたす過剰な炎症を起こす
と考えられる。

つまり、
腸内細菌のバランスを整え、善玉菌優勢の状態に持っていけば、
免疫力が回復し、様々な症状が治っていくと考える。

だから、
いかに腸内細菌(腸内フローラ)のバランスを整えるかが鍵になる。

悪玉菌優勢から善玉菌優勢に持っていくにはどうすればいいか?
今後、様々なことを試していきたいと思います。







         《↓↓他のクローン病関連ブログはこちら↓↓》
              にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/77-802b309e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。