【IBD クローン病】マクロビオティック:食べ物の陰と陽 - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】マクロビオティック:食べ物の陰と陽

食べ物の陰と陽




去年から実施している食事療法マクロビオティック」ですが、
最初の頃はどの食べ物を選んでいいかがわからなく、かなり時間が掛かりました。

そんな時に役立つのが「食物陰陽表」です。
以下で紹介する食物陰陽表を参考しながら、食べ物を選ぶことをおすすめします。

はじめは面倒ですが、慣れてくれば楽チンです♪



Sponsored Links


食物陰陽表



クローン病を持っている人はほぼ陰性だと思って間違いはないでしょう。
特に、下痢の症状がひどい人はなおさら陰性です。

なので、身体を冷やす食べ物(陰性)を控え、
身体を温める食べ物(陽性)を中心に食事をとってください。

私が特に注意した陰性の食べ物

「砂糖、化学調味料、イーストパン、お菓子、お酒、清涼飲料、レトルト食品、冷凍食品、インスタント食品など」

私が特に意識した陽性の食べ物

「玄米、塩、醤油、味噌、梅干し、たくあん、納豆、豆腐、オリーブオイル、三年番茶など」

塩、醤油、味噌などの調味料は頻繁に使うため、
なるべくいいものを選ぶようにしています。
(ここはちゃんとお金をかけましょう!)

以下のサイトは私がいつも参考しているものです。
皆さんもぜひ利用してみて下さい。

参考サイト:「食物陰陽表

人の体質は常に変化しているので、
ずっと陽性の食べ物を食べたらいいというわけではありません。

最終的に目指すのは、バランスが取れている状態「中庸」です。
現時点の状態(に傾いているのか、に傾いているのか)を見極めながら、
食べるものを少しずつ調整していきましょう。

そのため、マクロビオティックの本質を学ぶことがまず大事になってきます。
以下に私が読んだマクロビオティックの本を2冊ご紹介します。

時間のあるときに手に取って読んでみて下さい。

私が参考にしているマクロビオティックの本








《↓↓他のクローン病関連ブログはこちら↓↓》

    にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/71-11a828e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。