【IBD クローン病】僕のクローン病歴:リセットしたはずが...そして、新たな希望へ - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】僕のクローン病歴:リセットしたはずが...そして、新たな希望へ

リセットしたはずが...


Reset.jpg

「3回目の入院」の後、レミケードの投与が再び再開した。

“これで軟便の状態が戻ってくる!”
“また普通の生活が送れる!”

僕の心は希望で溢れていた。

しかし、しかししかしだった...

手術後にレミケードを投与しても、
手術前の状況とまったく変わらない。

軟便どころか、今まで通りの下痢が続いた...

なぜ?なんで?
こんなはずじゃなかったのに...

「希望」から180度、僕の心は「不安」でいっぱいだった。

そんな中、担当医から「ヒュミラ」という新薬を薦められた。



Sponsored Links


新しい希望「ヒュミラ」


Humira.jpg

皮下注射??
自分で注射するの??


そんな質問が脳に浮かんでいたことは今もよく覚えている。

レミケードは、もはや僕の身体に効き目がないため、
残された道は ①レミケード+ステロイド剤 or ②新薬「ヒュミラ」だった。

ステロイド剤だけは使いたくないという理由で、
新薬の「ヒュミラ」を投与することを決めた。

詳しくはこちらへ→ヒュミラ情報ネット

幸運なことに、ヒュミラは効いてくれた!

ヒュミラを投与した結果
・レミケードを初めて投与したときと同じほどの効果が見られた。
・便の状態は下痢から軟便に
・トイレは1日2〜3回
・体重も再び増え始めた(手術でかなり体重が減っていた)

ついでに、ヒュミラのメリットと言えば、
・自宅で投与できる(自己注射)
・2週間に1回投与する(自己注射のため、多少前後することもできる)
・1回の投与は5分以内で終わる(レミケードの長い投与時間と比べたらだいぶ短い)



こうして、僕は新薬「ヒュミラ」のおかげで、
人生の再出発を切ることができた!





《↓↓他のクローン病ブログはこちら↓↓》
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ

関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/7-55c2db0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。