【IBD クローン病】僕のクローン病歴:漢方薬から食事療法へ - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】僕のクローン病歴:漢方薬から食事療法へ

漢方薬から食事療法へ



新年あけましておめでとうございます!

2014年が去り、2015年がやって来ました。

「潰瘍性大腸炎・クローン病」の病因が
一日でも早く解明されることを心から祈っております。

そして、皆さんがそれぞれに合った治療法に出会えることを願っております。
寒い日々が続いておりますが、どうかご健康に十分に留意されてお過ごしください。

さて、私個人のことですが、
3ヶ月前から漢方薬をやめ、マクロビオティックという食事療法シフトしました。
(詳しくは以下の記事を読んで下さい↓↓)

【IBD クローン病】私の食事療法:マクロビオティック - IBD クローン病という友達に出逢った物語【IBD クローン病】私の食事療法:マクロビオティック - IBD クローン病という友達に出逢った物語

食事療法に切り替えてから3ヶ月、その結果をご報告したいと思います。


Sponsored Links


#漢方薬を中断した理由

もともと、漢方薬の治療をとりあえず1年間続けて、
身体の変化によって今後の治療方針を考えることに決めていました。

漢方薬を提供しているところはたくさんありますが、
松本医院は「潰瘍性大腸炎・クローン病」の治療例数が日本で一番多かったので、
松本医院で治療を受けることにしました。

【IBD クローン病】僕のクローン病歴:東洋医学との出会い - IBD クローン病という友達に出逢った物語【IBD クローン病】僕のクローン病歴:東洋医学との出会い - IBD クローン病という友達に出逢った物語

1年以上の治療を受けてきましたが、
残念ながら身体の変化はあまり見当たらず、血液検査の結果も横ばいでした。

レミケード・ヒュミラを長い間投与してきた分、
漢方薬の治療で改善が見られるのはもっと時間が必要だったのかもしれません。

でも、私は違うアプローチを試してみたかったので、
漢方薬の治療を一時中断しました。

結論から言いますと、
松本医院の治療を試す価値は絶対にあります。
(それだけの成功例があるので)

しかし、松本医院の治療が効く人と効かない人がいるのも事実です。
なぜなのかはわかりませんが、個人の体質や他の要素が関係していると思います。

本来、漢方薬は患者の体質や体調によってその都度調合されますが、
松本医院ではみんな同じ薬をもらいます。
(ここも気になるところですが..)

他の漢方薬を試すのも良いと思いますが、
まずは松本医院の漢方薬を試すことをおすすめします。

特にまだ西洋医学の治療を受けていない人は、
今すぐ松本医院の漢方薬を試すべきだと思います。
3〜6ヶ月間で効果が出ると思います。

半年または1年間治療を続けて、
身体の変化や血液検査の結果をもとに今後の治療方針を決めるといいでしょう。

#食事療法(マクロビオティック)に切り替えた理由

私が食事療法に興味を持ったのは、
同じクローン病を持つ友人がマクロビオティックと呼ばれる食生活に切り替えてから、
クローン病の症状を治してしまったからです。

友人に勧められた本が「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」でした。



マクロビオティックは東洋医学をベースにしているので、
本に書かれている内容に納得する部分も多くありました。

友人が実証してくれたのですから、これは試さないわけにはいきませんでした。
それで漢方薬からマクロビオティックに切り替えることにしました。

漢方薬を飲みながらマクロビオティックを始めることもできたのですが、
実際変化が現れたときに、漢方薬が原因なのかマクロビオティックが原因なのかがわからなくなるので、しばらくはマクロビオティック一本に絞ることにしました。

変化が現れるまで、ブログには書かないつもりでいましたが、
マクロビオティックを始めてから3ヶ月で良い変化が現れました。

・便はほぼ軟便(1日に3〜4回)
・CRPは0.7(2年ぶりに1を切った)
・夜中に起きることはマレ
・エレンタールを飲んでも、すぐにトイレに行きたくなることがなくなりました
・下着の汚れもだいぶ改善されました


というように、
体調がスゴく良くなりました!
何よりCRPが1を切ったことに感動しました(*´∀`*)

「あなたは、あなたが食べてきたものそのものである。」
という真実を身を持って体験しました。

まだまだ完璧に回復していませんが、
以前よりはだいぶ改善しています。

最初の頃、マクロビオティックの食生活に慣れるまでかなり苦しかったのですが、
一旦慣れてくると本当に身体が楽になります。
(特に、お肉や甘いものへの執着が一切なくなりました。今では野菜と魚が大好物です^^)

もちろん、瞑想、お風呂、断食なども相変わらず続けていますが、
食生活を根本的に変えてからは身体の変化が明確でした。
(それでも3ヶ月は掛かりましたので、継続することが一番のポイントになってきます。)

私は、漢方薬の治療を試したことは良かったと思っていますし、
マクロビオティックを始めてからは、改めて東洋医学の素晴らしさに気づきました。

治療法やアプローチは色々あると思いますが、
根本にある考え方(免疫力を上げる、身体のバランス(陰陽)を整えるなど)はどれも似ています。

漢方薬、マクロビオティック以外にも、
気功、ヨガ、断食などの方法で完治している例もあります。

私はどの方法も肯定していますし、
それぞれの治療法の原理は一緒だと考えています。

だから、皆さん自身に合った治療法をぜひ見つけてください。
見つけるまでに時間が掛かるかもしれませんが、
あきらめずに色んな方法を試すことをおすすめします。

マクロビオティックは間違った食生活を正してくれるので、
クローン病だけでなく、すべての人に推奨します。
皆さんもぜひ試してみて下さい!


《↓↓他のクローン病ブログはこちらからどうぞ↓↓》

     にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ

関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/65-f3897142

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。