【IBD クローン病】私の食事療法:マクロビオティック - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】私の食事療法:マクロビオティック

マクロビオティックとの出会い




クローン病になってから、
様々な食事療法を試してきました。

最終的には「マクロビオティック」に落ち着きました。
マクロビオティックを1ヶ月間続いた今、その効果を確かに感じております。

便の調子もよく、身体も軽くなった感じがします。
何より以前みたいに大好物の甘いものへの執着がなくなりました(笑)


Sponsored Links


マクロビオティックって?




マクロビオティックは、穀物や野菜、海藻などを中心とする食事を摂ることにより、自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する考え方です。

以下の三大原則に基づいています。

①「一物全体」
食物であっても動物であっても、まるごと食べる。不要なものは何一つありません。自然が形づくったままの状態を食べる。それらを食べるば、私たちの生命になっていくのです。

「免疫力を上げる一生モノの「食べ物・食べ方」」より


②「身土不二」
その土地でできたものを、その土地に住む人が食べるというのが、「食の基本」です。

「免疫力を上げる一生モノの「食べ物・食べ方」」より


③「陰陽調和」
健康とは、身体が陰にも陽にもかたよっていない中庸のバランスを保っている状態です。自然の摂理から離れてしまったいのちのない食生活が病気を作り出しています。食が持つ自然の薬効、陰陽のパワーを生かし、身体を整えていくすべを覚えましょう。

「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」より


私の食事の変化


⇨下痢の症状は陰が強いということを示しているので、とにかく陽なものを食べるよう心掛けました。
⇨具体的に、玄米を食べる回数を増やし、たくあんや梅干しなどの漬け物を食べ、魚と野菜を中心とした食事をとっています。
⇨甘いものやフルーツはできるだけ控えめにしました。(今はほとんど少量で満足できます)
⇨三年番茶を毎日飲むようにしています。

一ヶ月もしないうちに、身体の調子が上がっていくことを実感できました。
このまま行けば、食事療法だけでやっていけそうな気がします。

もちろん体質によって個人差はあります。
でも、マクロビオティックは身体にプラスの影響を与えていることは間違いないでしょう。

皆さんもぜひ試してください。

私が参考にしているレシピ本







《他のクローン病関連ブログはこちら↓↓↓》

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/60-62fde1dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。