【IBD クローン病】僕のクローン病歴:レミケードの効果が... - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】僕のクローン病歴:レミケードの効果が...

退院後とレミケード


remicade1.jpg

「2回目の入院」後、僕は普段の生活に戻った。

レミケードの治療がよく効いていたため、
食欲が回復し、体重もみるみるに増えていった。(63kg→70kg)

レミケードのおかげで、発病前と何も変わらない生活を送ることができた。
下痢の症状もなく、僕と両親はとりあえずひと安心した。

以下に退院後の治療方針をまとめました。

Sponsored Links


退院後の治療方針として
・レミケードは基本的に2ヶ月に1回投与する
・セミベジタリアンの食事を心掛ける
・調子悪いときは、食事の代わりにエレンタールを飲む
・ストレスフリーの生活を目指す

《レミケードは基本的に2ヶ月に1回投与する》
レミケードの投与時間が長いのは辛いが、2ヶ月に1度の通院なのでさほど辛くは感じなかった。

remischedule.gif

《セミベジタリアンの食事を心掛ける》
一度絶食を経験すると、食べれるだけで幸せと感じてしまうから、
摂取する肉の量が減っても全然平気だった。

《調子悪いときは、食事の代わりにエレンタールを飲む》
エレンタールを飲めない人もいるみたいだが、僕は全然いけた。
中でも、コーヒーフレーバーが大好きで、今もずっとコーヒー味のエレンタールを楽しんでいる。

《ストレスフリーの生活を目指す》
この病気をきっかけに自分の人生を振り返え、自分が本当にやりたいことを明確にする。
やりたいことに集中すれば、悪いストレスを感じることも減り始めた(=くよくよ悩む時間が減ったとも言える)。


僕はこの治療法に自信を持ち、
自分の夢に向かって再び歩み始めた。




しかし...


あれほど効いていたレミケードが、

まさか...




《他のクローン病ブログはこちら↓↓↓》
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ

関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/5-0e0d93a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。