【IBD クローン病】コラム:免疫を上げる方法 ⑥呼吸 - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】コラム:免疫を上げる方法 ⑥呼吸

深呼吸で、自律神経を整えよう




前回の「コラム:免疫を上げる方法 ⑤爪もみ」に続き、

免疫」の専門家とも言える安保徹先生がオススメする

免疫力を上げる方法⑥呼吸について解説したいと思います。

Sponsored Links


免疫を上げる方法 ⑥呼吸


安保先生によれば、六つ目の方法は「呼吸」です。

私たちはふだん無意識に呼吸をしているが、意識的に呼吸をすることもできる。つまり呼吸とは、意識と無意識の接点にあり、私たちが自分の意思で直接自律神経にはたらきかけることができる数少ない方法の一つなのだ。

緊張したり不安になったりすると交感神経が優位になり姿勢が前屈みになるが、そんなときは呼吸も浅く速くなっている。そこで胸を開いて、ゆっくり深呼吸をしてみよう。酸素がたっぷり取り込まれたという信号が自律神経に届き、副交感神経優位にスイッチが切り替わる。

呼吸には肺だけでおこなう胸式呼吸と、腹筋を使う腹式呼吸があるが、後者のほうがより多くの空気を体内に入れることができ、副交感神経を刺激しやすい。鼻から深く息を吸ってお腹をふくらませて、一瞬息を止め、ゆっくりと口から吐き出す。1日3回、朝昼晩の深呼吸を習慣にしよう。仰向けになって深呼吸してみると、腹筋を意識しやすい。

「誰でも・簡単・すぐできる「免疫力アップ」6つの法【6】呼吸」から引用

僕の治療法⑨:瞑想・深呼吸」のエントリーでも書きましたが、
私も普段から意識的に深呼吸を心掛けています。

特に悩んでいるときやイライラしているときは、
呼吸がかなり浅くなっているはずです。

そういった状況に陥ったときは、
深呼吸することによってかなり平常心を取り戻せます。

私はいつも朝に瞑想をしています。
朝の気分が一日の気分を左右するので、かなりオススメです!

詳しくはこちらのエントリーを読んでください。
僕の治療法⑨:瞑想・深呼吸


安保徹先生の書籍






《他のクローン病関連ブログはこちら↓↓↓》

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/46-96f6eebb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。