【IBD クローン病】コラム:免疫を上げる方法 ⑤爪もみ - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】コラム:免疫を上げる方法 ⑤爪もみ

1回10秒、1日3回、爪もみで免疫力アップ




前回の「コラム:免疫を上げる方法 ④風呂」に続き、

免疫」の専門家とも言える安保徹先生がオススメする

免疫力を上げる方法⑤爪もみについて解説したいと思います。

Sponsored Links


免疫を上げる方法 ⑤爪もみ


安保先生によれば、五つ目の方法は「爪もみ」です。

免疫力アップに効果的なのが、爪の生え際にある「井穴(せいけつ)」というツボを刺激すること。神経繊維が集中する井穴への刺激は瞬時に自律神経に伝わってバランスを整える。やり方は爪の生え際を反対の手の親指と人差し指で挟むように10秒ずつ強く押すだけ。両手とも親指から順番に5本すべてもむ。治したい症状があれば、対応する指をさらに20秒もむといい。

【刺激する場所】爪の生え際から2mmほど下を刺激する。

●親指――アトピー/喘息/リウマチ/ドライマウス/円形脱毛症など

●人差し指――潰瘍性大腸炎/クローン病/胃潰瘍/十二指腸潰瘍/過敏性腸症候群/胃弱/痔など

●中指――耳鳴り/難聴など

●薬指――低血圧/低血糖/眠さ/だるさ/軽いうつなど
(※薬指だけ交感神経を刺激。ほかの4本は副交感神経を刺激する。)

●小指――脳梗塞/認知症/パーキンソン病/不眠/メニエール病/高血圧/糖尿病/肥満/痛風/肩こり/腰痛/椎間板ヘルニア/動悸/頭痛/腎臓病/頻尿/尿もれ/精力減退/しびれ/更年期障害/顔面神経痛/自律神経失調症/不安神経症/パニック障害/働きすぎによるうつ/白髪/目の病気/婦人科系の病気など

「誰でも・簡単・すぐできる「免疫力アップ」6つの法【5】爪もみ」から引用

免疫力を高める方法の中で、
「爪もみ」は定番中の定番かもしれません。

いつでもどこでもすぐにできますし、
爪の生え際を押すだけでとっても簡単です。

西本真司先生の本によれば、
一日2〜3回ほどやるのがいいみたいです。

ツボを長い時間刺激するのはよくないので、
ちゃんと刺激する時間を守りましょう^^


安保徹先生の書籍






《他のクローン病関連ブログはこちら↓↓↓》

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/45-cc49eae4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。