【IBD クローン病】コラム:免疫を上げる方法 ③食事 - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】コラム:免疫を上げる方法 ③食事

食事で、免疫力アップ




前回の「コラム:免疫を上げる方法 ②運動」に続き、

免疫」の専門家とも言える安保徹先生がオススメする

免疫力を上げる方法③食事について解説したいと思います。

Sponsored Links


免疫を上げる方法 ③食事


安保先生によれば、三つ目の方法は「食事」です。

消化管は副交感神経の支配下にあるため、人間は食べることでリラックスする。ガムを噛むと緊張がほぐれるのはそのためだ。交感神経優位でストレスの多い人は、早食いであまり噛まない傾向があるので要注意。

甘いものにもリラックス効果はあるが、精製された糖分は一瞬で吸収されてしまうので、効果が切れるとかえってイライラする。

酒は適量ならストレス発散に役立つ、まさに百薬の長だが、飲みすぎがよくないのは言うまでもない。

【1】食物繊維で便秘を撃退する
   交感神経優位状態では、大腸がんの原因の一つである便秘になりやすい。きのこ、ゴボウなど食物繊維をとろう。

【2】玄米と野菜のミネラルが体をポカポカに
   健康的な食事の基本は玄米菜食。白米よりも栄養価が高い玄米と、野菜中心のおかずの組み合わせが体を温める。

【3】発酵食品で豊富な栄養と酵素パワーを
   納豆、ヨーグルト、漬物などの発酵食品には納豆菌や乳酸菌などの微生物が豊富なうえに、酵素の力も得られる。

【4】酸味や薬味で上手に刺激を与える
   すっぱいもの、苦いもの、辛いものは副交感神経を刺激してくれる。少量でいいので、上手に取り入れるとよい。

【5】栄養素のバランスがいい丸ごと食品
   頭から尻尾まで食べられる小魚や玄米などの「丸ごと食品」には栄養素がバランスよく含まれている。

「誰でも・簡単・すぐできる「免疫力アップ」6つの法【3】食事」から引用

食事はクローン病患者にとって、
一番大事なことであり、一番悩ましいことでもあります。

私自身の食事に対する見解はこちら書きました。
クローン病と食事

安保先生が記事で挙げた、
身体を温める食べ物の選び方にはもちろん賛成ですが、
各々の状況に合わせて試すことをおすすめします。

例えば、
狭窄のある人は食物繊維の量を控えめに摂取した方がいいし、
刺激の強い調味料に敏感な方は酸味や薬味を控えるべきだと思います。

私自身も玄米を食べると、
逆に消化不良になりやすく、下痢ぽくなる傾向があります。

だから、安保先生の5つのポイントを頭に入れながら、
各自の体調に合わせて、独自の食事方法を築き上げて下さい。


安保徹先生の書籍






《他のクローン病関連ブログはこちら↓↓↓》

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/43-a5468921

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。