【IBD クローン病】コラム:免疫を上げる方法 ①睡眠 - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】コラム:免疫を上げる方法 ①睡眠

すべては免疫からはじまる




漢方にしても、鍼灸にしても、

東洋医学では「免疫」を上げることに重点を置いています。

では、「免疫」とは何でしょうか?

そして、「免疫」を上げるにはどうすればいいのか?

免疫」の専門家とも言える、安保徹先生の解説を詳しくみていきます。

Sponsored Links


免疫とは?


私たちの身のまわりには有害な細菌やウイルスがウヨウヨしていますし、健康な人でも知らないうちにがん細胞が生まれています。

それでも健康を保っていられるのは免疫システムのおかげ。つまり細菌やウイルスが体内に侵入したり、がん細胞が発生したりしたことを感知したら、それを攻撃して死滅させ、体外に排出する免疫システムが働いているからです。

その免疫システムを担うのが、血液中の白血球です。白血球はマクロファージ、顆粒球、リンパ球に分類されます。マクロファージは異物が侵入するとその場に急行し、異物を食べて分解します。顆粒球は比較的大きい異物を丸飲みするのが得意で、リンパ球はそれより小さい異物をとらえるのが得意。リンパ球はふだんリンパ節で眠っているので出動まで時間がかかりますが、自分の中から接着分子を出して異物をとらえて処理します。ケガをしてできる膿や、風邪をひいたときに出る鼻水は、異物を分解した白血球たちの死骸なのです。

リンパ球は一度やっつけた敵を「抗原」として記憶します。そのため2度目の侵入のときは素早く攻撃態勢に入ることができて、発病せずに済みます。よく「はしかに免疫がある」などと言いますが、それがこの免疫です。私たちの体にはこんな素晴らしい自己防御システムが備わっているのです。

「誰でも・簡単・すぐできる「免疫力アップ」6つの法【1】睡眠」から引用

つまり、免疫は私たちの身体を細菌やウィルスから守ってくれる自己防御システムです。

免疫が正常な場合、
健康な人の白血球はマクロファージ5%、顆粒球54~60%、リンパ球35~41%だそうです。

顆粒球の割合が過剰な場合、交感神経が優位になり、
リンパ球の割合が過剰な場合、副交感神経が優位になります。

だから、交感神経と副交感神経のバランスがよくなれば、
自律神経の働きもよくなり、免疫力もアップします。

血液検査のデータを見れば、
顆粒球の割合とリンパ球の割合がわかると思います。

顆粒球はGRA%、リンパ球はLYM%
の項目を見ればすぐに見つかると思います。

クローン病患者のほとんどが交感神経優位になっているので、
副交感神経を高める必要があります。

免疫を上げる方法 ①睡眠


さて、どうやったら免疫を上げるか?

安保先生によれば、
一つの方法は「睡眠」です。

人間は眠ることで自律神経のバランスをとっているため、睡眠不足では免疫力が低下する。個人差はあるが、7~9時間程度の睡眠時間を確保したい。ただし睡眠時間が長すぎてもリンパ球過剰になるので、寝すぎは禁物だ。夜更かしは交感神経優位になりすぎるし、昼夜逆転生活は副交感神経が優位になりすぎる。やはり基本は早寝早起きだ。ただし起床時間は「毎朝5時起き」などと時刻で決めるより、実際の日の出に合わせるとよい。交感神経が緊張しやすい冬は日の出も遅くなるので、日が昇るまではたっぷり眠ろう。夏は日の出が早いので、起きる時間も早めにし、春と秋はその中間でよい。カーテンを薄めにすると、太陽光で自然に目覚めることができる。

「誰でも・簡単・すぐできる「免疫力アップ」6つの法【1】睡眠」から引用

言われてみれば、当たり前のことですが、
現代社会の生活で毎日いい睡眠を取れているかというと、
そうではないときも多々あるのではないでしょうか。

クローン病の患者は神経質だとか、
ストレスを抱えやすいとか、
そういった特徴があるみたいです。

まず、自分は交感神経優位なのか、副交感神経優位なのかを知りましょう。
そして、正常なバランスを整えるため、睡眠をもう一度見直すことをオススメします。

クローン病の患者が完治に至るまで、
自分の「生き方」と真剣に向き合う必要が出てくると思います。

「原因」と「結果」の法則があるように、
クローン病になった原因は必ずあると思います。

だから、今一度自分と真剣に向き合ってみて下さい。

原因(生活習慣など)が改善されない限り、
結果(身体の状態)もさほど変わらないでしょう。

だから、原因の一つになりうる睡眠をもう一度見直しましょう!


安保徹先生の書籍






《他のクローン病関連ブログはこちら↓↓↓》

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/41-62cebfce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。