【IBD クローン病】クローン病と食事 - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】クローン病と食事

クローン病と食事について




クローン病になってから、
ずっと気になるのが「食事」です。

今まで、食事についてあまり触れてきませんでしたが、
今日は自分の見解を述べてみたいと思います。


Sponsored Links


結局、何を食べればいいの?




クローン病に診断されたとき、
ほとんどの方が栄養士から食事指導をされたかと思います。

脂っこいものは控える、
食物繊維が多いものは控える、
乳製品は控える、


などと、かなり制限された食事生活を提案されます。

もちろん、バランスが取れた健康的な食事には賛成ですが、
今まで何でも食べてきた方にとって、
いきなりストイックな食事生活に慣れない方も多いではないでしょうか。

私もその一人でした。
まして、20代だった私にとって、
まだまだお肉や揚げ物などを食べたい欲望がありました。

レミケードやヒューミラが効いていたときは、
比較的何でも食べていましたが、
効き目が悪くなると、やはり食事にかなり気を掛けます。

でないと、
トイレに行く回数が断然増えます。。。(;´д`)トホホ…

じゃ、結局何を食べたらいいの?何を食べたらいけないの?

という質問を持つと思いますが、
残念ながら私もはっきりとした解答がありません。

なぜなら、私たちの体質はそれぞれ異なっているため、
「これがいい」「これが悪い」と断言できないのです。

例えば、ある方はゴボウを食べても平気だが、
ある方が食べると症状が悪化します。

エレンタールもそうですよね。
全員が全員飲めるとは限りません。

それに、クローン病だから「これはダメ」
という先入観は持ってほしくないです。

私のアドバイスとしては、
クローン病の食事ガイドを参考にしながら、
実際に食べてみて、身体の様子を観察することです。

例えば、オレンジを食べて下痢っぽくなったら、
違う日にもう一回挑戦してみてどうなるかを観察します。

同じように結果になれば、しばらく控えめにするといいでしょう。

だが、一生それがダメということではありません。

私たちの身体(体質)は、時間と共に変化します。
以前はキムチがダメだったとしても、
今食べたら全然平気なときもあります。

だから、クローン病の食事ガイドや
他のクローン病の方の経験を参考にしながら、
先入観を持たずに、色んなものに挑戦してみることです。

結局、私たちの身体はとても正直です。
何かに対して、身体が受け付けないなら、
何らかの症状が出ることでしょう。

ぜひ色んなものに挑戦して、
自分なりの食事のルールを見つけて下さい^^

私が参考にしているサイト


「クローン病食の基本原則」

私が参考にしているレシピ本




《他のクローン病関連ブログはこちら↓↓↓》

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/39-47afbb54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。