【IBD クローン病】僕の治療法②:鍼灸 - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】僕の治療法②:鍼灸

僕の治療法②:鍼灸


鍼灸

『【IBD クローン病】僕の治療法①:漢方薬』を読んで頂いたら分かると思いますが、
僕は現在、漢方薬鍼灸を中心に治療をしています。

鍼灸の治療は、体内の乱れている気血の流れを整えることにより病気の症状をなくしていきます。

よって、クローン病の場合、大腸や小腸を中心としたツボを刺激していきます。

主に、
足三里、三陰交、中脘、内関、合穀、大腸兪、脾兪、太沖、陰陵泉
などが挙げられます。

鍼灸の治療では、トップダウン療法がよく使われています。
治療当初の頃に頻繁に治療を受け、徐々に治療回数を減らしていくイメージです。

もちろん、個々の病状によっては治療回数が異なります。
担当の鍼灸師の指示に従ってください。

僕の場合、最初の頃は週2回、
落ち着いてきてから週1回、半月に1回、月に1回と減らしていってます。
調子が悪いときに治療回数を少し増やしていく感じです。

クローン病を早く治したいのなら、漢方薬と鍼灸を同時に受けることをオススメします。

以下、クローン病の鍼灸治療に関する情報を載せておきました。
どうぞ活用してください。



Sponsored Links


参考したサイト


『千秋鍼灸院』の春日井先生の病歴をぜひ参照して下さい。

参考した本


鍼灸についてもっと知りたい方は、
藤本蓮風さんの『鍼1本で病気がよくなる』をぜひ読んでみて下さい。

鍼灸に対する考え方がきっと変わると思います。
僕自身もこの本をきっかけに、鍼灸の効果をより確信することができました。


《↓↓他のクローン病ブログはこちら↓↓》
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/16-cc792adb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。