【IBD クローン病】難病日記:難病を持つ人たちが理解される社会へ - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】難病日記:難病を持つ人たちが理解される社会へ




ふと、ネットでこんなニュースを見つけました。

リンク 人工肛門ってどういうもの? いまだ進まない「排泄障害」への理解

私自身もクローン病を通して、闘病生活の辛さ
そして、病気がもたらす不便さを痛いほど経験してきました。

だから、こういったニュースを読む度、
難病患者が直面している現状を思うと、心が痛みます。

記事のように、有名人が自分の病気を告白することで、
病気の現状が世の中に知り渡る
ことは素晴らしいことです。

ヒロさんのように「END ALS」という運動を立ち上げている人もいます。

私もこのブログを書き続けることで、同じ病気を持つ方が
一日でも早く普通に生活できることを心から願っております。

「難病を持つ人たちが理解される社会」
いつか訪れてほしいです。


関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/114-65814064

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。