【IBD クローン病】難病日記:彼に出来るなら、あなたもきっと出来る! - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】難病日記:彼に出来るなら、あなたもきっと出来る!




難病だと言い渡されてから、
私はしばらくの間、生きることに意味を見いだせずにいました。

でも、本に助けられてから、
様々のひとの人生(特に重い病気を持つ人)に興味を持ち

モリー先生ランディ・パウシュ藤田正裕など、
病気と前向きに生きる彼らに、精神的にたくさんの励ましをもらいました。

そして

自分のことを「寝たきり社長」呼ぶ
佐藤仙務もその一人です。


Sponsored Links


体が動かなければ、頭を働かす


佐藤仙務さんは、生まれてまもなく
SMA(脊髄性筋萎縮症)という病気を患います。

脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy: SMA)とは、脊髄の運動神経細胞(脊髄前角細胞)の病変によって起こる神経原性の筋萎縮症で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と同じ運動ニューロン病の範疇に入る病気です。体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に示します。

難病情報センター」より引用

ALSに似ている病気ということは、
ヒロさん(藤田正裕)の病気と同じような症状です。

クローン病よりも圧倒的に辛い病気であるにも関わらず、
佐藤仙務さんは社長として立派に仕事をしておりました。

彼の著書のタイトル「寝たきりだけど、社長やっています」は、
彼の強い想い、そして生き様そのものを表しています。

佐藤さんの病気と比べたら、
クローン病なんて軽い病気にしか思えません。

病気に縛られない人生

私自身もそういう人生に憧れていますし、
そういう風に生きている難病の方を見ていると、
いつも勇気とパワーをもらいます。

佐藤さんは言います。
体が動かなければ、頭を働かす

病気をネガティブに捉えるのではなく、
逆に自分のできることを武器にする。

佐藤さんはきっと、普通の方よりも
何十倍、何百倍と頭を使ってきたのでしょう。

その前向きの姿勢と努力が、
ひとりの経営者として起業するまでに至ったのではないでしょうか


彼の生き様は、本となり、テレビによって世間に知らせれました。
そして、安倍総理までが彼の活動を応援しています。

彼の生き方は、多くの難病を抱える人にとって、
希望になったと思います。

私ももちろんその一人です。

彼の人生や考え方に興味ある方は、
ぜひ次の記事と彼の書籍を読んでみてください。




《↓↓他のクローン病関連ブログはこちら↓↓》
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ


関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/106-00432974

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。