【IBD クローン病】難病日記:安倍総理が取り入れている「4-7-8呼吸法」 - IBD クローン病という友達に出逢った物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IBD クローン病】難病日記:安倍総理が取り入れている「4-7-8呼吸法」




潰瘍性大腸炎を患っている安倍総理

一国の総理なので、

当然、日本で最上級の治療を受けていると考えられます。

そんな最高の治療法は誰もが知りたいことでしょう。

近頃、安倍総理は自らが取り入れている

特別な呼吸法をついに公にしました。


気になる方も多いと思いますので、

詳しく解説してみました。


関連記事 「コラム:自律神経と呼吸の関係」


Sponsored Links


「4-7-8呼吸法」

安倍総理が取り入れている呼吸法はずばり「4-7-8呼吸法」であります。

この呼吸法は、アメリカのハーバード大学出身で
健康医学研究者のアンドルー・ワイル氏が20年ほど前に提唱した方法だそうです。

「4-7-8呼吸法」はやり方は

まず口から完全に息を吐き切った後に
鼻から4秒間、息を吸い、
7秒間、息を止め、
8秒間かけてゆっくりと口から息を吐き出す


これを何回か繰り返し、自分の呼吸が落ち着き、
身体がリラックスできたことを確認してから終わりましょう。

安倍総理は、

「これを最低、4回以上繰り返すと、心身ともにリラックスできる。
『4-7-8呼吸法』を修得すると、床に就いてから1分で眠ることも夢ではないみたいですね」


とおしゃっております。

総理というお仕事は、私たちが普段感じているストレスの
何倍、何十倍もの重圧感を感じておられるのでしょう。

そんな安倍総理がこれだけ元気ということは、
この呼吸法に確かな効果があることに間違いません。


実は、このブログでも紹介している帯津良一先生の本の中でも、
ワイル氏の「4-7-8呼吸法」が度々登場します。

それだけ、代替医療または総合医療の中で、
ワイル氏が提唱する医療法が広く認められています。

以下に、記事のリンクを載せておきましたので、
もっと詳しく知りたい方はぜひ読んでみて下さい。



アンドルー・ワイル博士の代表作





         《↓↓他のクローン病関連ブログはこちら↓↓》
              にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
関連記事
トラックバック

http://crohn47.blog.fc2.com/tb.php/103-0a2d3a2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。